男性女性

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング|画期的な新技術

複雑な木型を作製

男の人

多くの企業は日々、利益となる新製品の開発に勤しんでいるでしょう。新製品の開発をする際には、試作品の作製は必要不可欠です。試作品を作る意味というのは、その新製品のデザイン性が思っていたものかどうか、不満点はないかといった点を改めて考えることができるものです。また、その動作や耐久性に関しても様々な検証を行うことができ、不具合等がないか確認することができます。そういった試作テストを行うことで、実際にその新製品が発売される時に、より品質の良いものを売ることができるのです。しかし、テストを行うための試作品を作るためには型というのを作らなければなりません。
型というのは幾つかの種類があり、その中でも多く利用されている型として木型があります。その名称の通り、木製の型となっています。木型が多く利用されている理由には、いくつかのメリットによるものがあります。まず、木型の作製は安価に行えるといった点です。安価に作製できるうえ、木製のため丈夫で修正時に簡単に修正加工を行えるといったメリットがあるのです。こういった木型を作る専門業者も存在し、通り高い技術をもった職人によって一つ一つ手作業で作られている木型も多く存在するのです。しかし、型の形状が複雑であればあるほどに一つ一つ手作業で削ることは難しくなります。近年では、NCマシンと呼ばれる高性能な機械で精密度の高い木型を作製してくれる業者も登場しました。コスト面等、企業のニーズに合わせた型作成方法を選ぶことでより早く新製品を発売することができるでしょう。