男性女性

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング|画期的な新技術

液体の定量吐出

ディスペンサーボトル

液体の混合等といった加工を行なっている事業は数多く存在します。場合によっては混合せず、1液を定量ずつに分配するといった作業を行うかもしれません。多くの場合には、2種類もしくはそれ以上の液体を適量ずつに混合させる作業を行なっています。そういった作業を2液混合吐出と呼びます。2液混合吐出を行う際に、それを人間の手で計量し混合させていたら途方もない作業時間と手間が掛かってしまうでしょう。また、ミスが発生する確率も高くなります。ディスペンサーと呼ばれる機械設備を導入することで、より効率的で確実に2液混合吐出等の作業を行なっていくことが可能です。
ディスペンサーと呼ばれる機械設備は、あらゆる液体を定量で吐出することもできます。主な用途としては、半導体製品の生産時や光学製品、電子・機械部品、一般関電製品、精密機器、電気製品、事務用品・一般消費材といった各生産において導入されています。また、生産だけでなく薬品試験や分析・測定といった分野でも使われており、その用途は幅広いものとなっています。それらの用途のうち、ディスペンサーの使われ方というのは様々です。充填作業であったり封止作業であったり、塗布作業や注型作業、接着、点滴、吹付、移送作業といった様々な方法で活用されているのです。ディスペンサー自体にも種類があり、接着作業に向いているものからウレタンや高粘度インクを使用に適用したもの、スプレーガンとして使用できるものまで多種多様です。事業内容にあったディスペンサーを選び、効果的な活用方法をすることで大きなメリットを得ることができるでしょう。