男性スタッフ

3Dスキャナーによるリバースエンジニアリング|画期的な新技術

液体の定量吐出

ディスペンサーボトル

多くの機械設備や機器、ペン類の筆記用具や接着作業等の様々なものには多種多様な液体が用いられています。ディスペンサーはそれらの殆どの液体を定量吐出することが可能な機械で、多くの事業で有効活用されています。

View Detail

分解分析による技術成長

金属

日本に数多くする企業の技術成長というのは、目を見張るものがあります。その技術成長の要因ともいわれるものとして、リバースエンジニアリングと呼ばれる行為が挙げられます。リバースエンジニアリングというのは、下位企業が上位企業の技術等を学ぶための行為で、多くの企業が新技術を取り込むことのできる画期的な手段となっています。
リバースエンジニアリングが具体的にどういった行為なのかというと、他社製品等を分解・分析してその仕組や技術、生産方法を取り入れる行為なのです。この行為を、著作権侵害にあたる行為なのではないかと考える企業も少なからずいるでしょう。著作権で守られる情報というのは、秘密として管理されていること及び有用な情報、公然と知られていない情報という3つの要件によって守られます。特に、3つ目の公然と知られていない情報に関して、販売されている他社製品を分解・改造して容易に知ることのできる情報というのはこの要件に当てはまらないのです。そのため、著作権侵害をせずに新技術を取り入れることが可能となっています。こういった新技術を下位企業が上位企業から取り組むことによって、日本の多くの企業は急成長したのです。しかし、多くの企業の中には他社製品の分解・分析が不得手な企業も存在します。そういった企業をサポートする業者が存在します。その業者は、高性能な3Dスキャナー等を用いて依頼された他社製品をリバースエンジニアリングし、正確に分析、3DCADデータ化します。そのデータから仕組みや技術、生産方法を割り出してくれるのです。こういった業者を利用することで、更なる企業成長を見込むことができるでしょう。

複雑な木型を作製

男の人

企業が新製品の開発を行う際に作成する試作品において、その試作品を作製するためには型が必要となります。型の中でも木型を利用する際には、職人の手作業による木型か高性能な機械によって作られた木型を選ぶことができます。

View Detail

プリント基板製作を委託

基板

プリント基板と呼ばれる電子パーツは、電気機において必ず使われている主要パーツです。このパーツの製作を専門に行なっている事業があり、こういった事業にプリント基板の製作を依頼することで高品質な電子機器を生産することで実現するでしょう。

View Detail